シナプスの笑いバックナンバー

シナプスの笑い」は2006年の創刊号から2021年6月現在Vol.44まで刊行されています。
それぞれの内容について、さらに詳しく知りたい方は購入ページよりご確認ください。
なお、「シナプスの笑い創刊号」~「シナプスの笑いVol.6」は、絶版のためAmazon Kindleより電子書籍版のみ販売しております。

 

シナプスの笑い 創刊号
当事者の視点から当事者の言葉で「体験知」として精神障がいの事象を発信することを目指して、雑誌「シナプスの笑い」が創刊されました。
幻覚・幻聴の数多の霊との戦いを綴る「霊界大戦」、精神病院の何気ない日常を描く「たぎり」の連載が始まります。座談会では「精神病からの回復」と「退院の仕方」をテーマに医師・看護師・臨床心理士も交えて意見交換しました。
詳細はこちらをクリック

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体476円+税) 
ISBN 1883-0374 
2006年3月1日発行

 

シナプスの笑い vol.2
戦災地や紛争地の子供たちにアートやエンターテイメントを通してこころの手助けをしようと活動しているNGO「国境なきアーティストたち」。その代表エクトル・シエラ氏とおこなった座談会の前半を掲載しました。文化の違いによりしあわせの定義も異なってくることが浮き彫りにされます。
「医療の現場から」では、精神科医がストレスと上手く付き合っていく方法を解説します。心の中に「ストレスが入ってくる浴槽」があると仮定すれば対処法を考えやすいことがわかります。
「ノンフィクション精神科事典体験者版」の連載がスタート。実体験をもとに医療の言葉を再定義する試みが始まりました。
詳細はこちらをクリック

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体648円+税)
ISBN 1883-0374
2006年7月26日発行

 

 

シナプスの笑い vol.3
NGO「国境なきアーティストたち」の代表エクトル・シエラ氏を交えておこなった座談会の後半を収録。国によって幸せの定義や芸術の表現が異なることを見出します。エクトル氏の詩と、ワークショップで使用したテキスト「こころの力の育て方」も掲載しました。
特集は「みるということ」。精神医学の病的現象として、見ること見られることに関わるものは多く、ラグーナメンバーが辛いまなざしの体験と自分なりの乗り越え方を語ります。
体験者が答える「お笑いお悩み相談室」では、禁煙方法について話し合いますが、たばこをやめることの難しさがかえって浮き彫りになることに。
詳細はこちらをクリック

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体667円+税)
ISBN 1883-0374
2006年11月30日発行

 

シナプスの笑い vol.4
きくということ-幻聴-をテーマに特集を組みました。幻聴と創作との関係について、「霊界大戦」の著者竜人氏と、新連載漫画「ちんとろきゅう」の作者鶴丸深海魚氏に話を聞きます。「きこえてくるよちんとろきゅう」は、幻聴体験をコミカルに描いた親しみやすい漫画です。
ラグーナのメンバーにも実際に幻聴が聞こえるときの様子を聞き、幻聴との付き合い方や対処法について考えます。
座談会は、「生きる力、生かされる力」をテーマに語り合いました。辛い症状の渦中にあって自分を生かしてくれた力は何なのか、真に迫る実体験が披瀝されます。
詳細はこちらをクリック

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体667円+税)
ISBN 1883-0374
2007年4月14日発行

 

シナプスの笑い vol.5
特集は「働くということ」。「シナプスの笑い」の編集・販売作業は有限会社ア・ライズに委託され、精神障がいを抱える方が「仕事」としておこなっています。そこで働くメンバーと、働くこととは何かについて話し合ってみました。働くことが持つさまざまな意味とその影響を各自が語った後、座談会形式で相互に意見を深めていきます。
連載作品「霊界大戦」「たぎり」がともに最終回を迎えます。エッセイ・自伝では、さまざまな体験を経てきた当事者の方々が、人生を振り返ってありのままの思いを書いてくれました。人生山も谷もありますが、自分なりに生き抜くことの尊さを痛感させられます。
詳細はこちらをクリック

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体667円+税)
ISBN 1883-0374
2007年10月27日発行

 

シナプスの笑い vol.6
特集は「病院に行くまで-変だな?と思ってから-」。東邦大学医学部の水野雅文教授が、身体の病と同様に、「こころの病の早期発見の重要性」について寄稿してくださいました。複数の体験者の方々も、初めて病院に行くまでの一筋縄ではいかない過程を綴っています。
「自助会探訪」では、鹿児島市の精神障がい者ネットワークの確立を目指す「鹿児島精神医療福祉ユーザーネット準備会」の発足式の報告と、参加者の皆様に語っていただいた就労についての体験を掲載しました。
詳細はこちらをクリック

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 1883-0374
2008年8月25日発行

 

シナプスの笑い vol.7
特集は「親しくなること」です。親しくなるとはどういうことなのか、座談会で話し合います。どんな人に親しみを感じるのか、病前病後で親しさの感覚は変わったのか。精神科医の神田橋條治先生にもお話をうかがい、親しくなるほど情報量が増えて脳の処理に負荷がかかるため、人とは一定の距離を保つ生き方が有用とのアドバイスをいただきました。
精神障がい者の交流と社会参加を目的として開催された「友愛フェスティバル」における体験者発表も収録しました。さまざまな症状を抱える当事者、家族の方々が、自らの体験を率直に語ってくれました。
投稿は、短い文章のなかに、内に秘められた苦悩を凝縮して表現した体験記三編を掲載。エッセイ「千の風になって」は、それぞれ精神と身体に障がいを抱えた二人の、淡くて短かった老いらくの恋の物語です。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 1883-0374
2009年1月17日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.8
特集では、想田和弘監督の映画『精神』を取り上げます。精神科クリニック「こらーる岡山」を舞台に、精神疾患の当事者とそれを取り巻く人々が織り成す世界をつぶさに観察したドキュメンタリーで、数々の映画祭で賞を獲得しました。
座談会のテーマは「精神病体験における自信について」。自信を失いやすい病といえる精神疾患。能力の低下やマイナス思考に悩まされつつも、少しずつ自信を回復する対処法を話し合います。
連続二話掲載の投稿「障害者家族体験記」は、「精神障がい者の妻と職親兼ねて四十年」の第一話。育児ノイローゼから統合失調症を発症した妻と子ども二人を抱え、生きるために奮闘する姿が描かれます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 1883-0374
2009年5月21日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.9
座談会のテーマは「見えない病ゆえの悩み」です。目には見えない病であるがゆえに誤解を受けることも多く、周囲とのギャップが生じやすい精神疾患の症状を、どのように伝えれば相手に理解してもらえるのか、ロールプレイを通じて探ってみます。
特集では、精神科地域医療を取り上げた映画「精神」と、その監督想田和弘氏の著書「精神病とモザイク」を取り上げます。体験者による感想と想田監督からのメッセージを掲載しました。
体験者が病を振り返る新企画「視線恐怖って何?」が始まります。対人恐怖症に悩んできた半生を当事者が見つめ直します。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 1883-0374
2009年9月30日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.10
巻頭の座談会では、精神医療保健福祉に関心を持って取材を続ける共同通信社の記者をゲストに迎え、精神障がい者特有の「とっつきにくさ」をテーマに語り合います。自分が自分に抱く偏見の緩和や外とのコミュニケーションの重要性が挙がりますが、社会で問題になりやすい「精神障がい者による犯罪」へと話題が移り、白熱した議論が展開されます。
インタビューでは本誌編集長の竜人と短歌随想集「風の歌を聴きながら」の著者東瀬戸サダエ氏に話をうかがいます。お二人が語る、統合失調症とともに生きることの意味とは。
体験者が病を振り返る企画「視線恐怖って何?」では、高校~大学卒業後までにおこった症状と対処法を掲載します。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-02-4 C0093
2010年1月31日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.11
座談会では、精神障がいを持つ人にとって難しい問題である「対人関係について」をテーマにSST方式で話し合ってみました。SST(Social Skills Training)とは、「社会生活技能訓練」と訳され、ロールプレイなどを通して、対人関係を良好に維持する技能を身につけ、ストレス対処や問題解決ができるスキルを習得する療法です。
特集では、東瀬戸サダエ氏の著書「風の歌を聴きながら」を紹介。中井久夫先生や篠原三郎氏による書評を通して、その魅力をあらためて発見します。
体験者が語る「視線恐怖って何?」は最終回です。戸惑いながらも精神科の門を叩き、次第に落ち着きを取り戻していく様子を描きます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-03-1 C0093
2010年6月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.12
巻頭特集では、精神障がい体験者が「勇気づけられた言葉、励まされた言葉」を紹介しています。
鹿児島県精神保健福祉連合会主催の「友愛フェスティバル」で弊社営業部が発表した原稿も収録。働く喜び、仕事の苦労、日々の心掛けや目標など、前向きに生きている現在を伝えます。
今号から「ラグーナ出版制作部の本づくり」を紹介するシリーズが始まりました。第一回では製本という仕事の内容とミニノートの作り方をご案内します。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-51-2 C0093
2010年10月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.13
巻頭特集では、精神障がいを抱えながら生きるうえで常に大きな問題となる「就労で大切なこと」を取り上げます。体験発表2編を紹介し、座談会では生き生きと働くために工夫していることについて語り合いました。
また、闘病のなかで人生を短歌に詠み続けた東瀬戸サダエ氏の自伝エッセイをまんがで伝える企画がスタート。22年間の病棟生活や、ともに生きた人々の姿を温かな視線で描きます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-05-5 C0093
2011年2月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.14
巻頭の座談会では、「精神科診察のコツ」について話し合います。困ったことを診察時にうまく伝えるにはどうすればよいか、各自の経験をもとに考えます。
また、東日本大震災で被災した投稿者からいただいたメールを紹介し、現地の状況や未来への希望を伝えます。
今号からオーストラリアで実践されている中学高校の包括的学校精神保健プログラム「Mind Matters」(「マインド マターズ」)の紹介が始まります。実際に使用されているテキストを翻訳して解説します。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-07-9 C0093
2011年6月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.15
法政大学大学院教授であり弊社顧問の坂本光司先生、そのゼミ生、そして弊社社員とで「共に働く社会を目指して」と題して行った座談会を収録しています。雇用する側、される側から、働く上で求めるものについて率直に語り合いました。
また、その座談会に参加された、障害をもつ子供を抱える経営者の手記を掲載しました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-11-6 C0093
2011年10月3日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.16
「しあわせの国ブータン特集」として、ブータン人留学生と精神障がい体験者や精神科医による座談会、及び精神科医によるブータン探訪記を収録しています。
また、多重人格障害とも称される解離性同一性障害の体験者と、シニカルな幻聴に悩まされた統合失調症体験者が、独自の方法で幻聴と現実を切り離した体験を語ります。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-13-0 C0093
2012年2月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.17
厚生労働省委託事業セミナー「はたらくよろこびをひろげよう」で発表された、社会でたくましく働く2人の精神障がい体験者の就労体験を掲載しました。
東日本大震災における精神科医療福祉の復興手記も収録。座談会では、元新聞記者をゲストに迎え、全ての人にとって住みやすい街について精神障がい体験者らと語り合います。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-15-4 C0093
2012年6月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.18
座談会では、自閉を通して統合失調症を回復していった軌跡を体験者たちが語り合います。
利用者の希望に寄り添いながら、入院に頼らないで地域で暮らすことを目指す精神医療保健福祉の新たな挑戦「アウトリーチ推進事業」に関するスタッフの講演も収録しました。
新連載の漫画「サバイバーズ・ミッション」では、作者が受けたいじめの体験を土台に、つらかった経験を他者のために活かそうと試みます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-16-1 C0093
2012年10月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.19
法政大学大学院坂本光司教授による、障害者雇用についての講演演説を収録しました。障がい者雇用を行っている会社を紹介し、それらの会社が高い業績を維持していること、さまざまな人間ドラマが秘められていることを実例を挙げて語っていただきます。
座談会のテーマは「しなやかに生きる」。障がいを受け流す、細い枝のようなしなやかさを身につけるための生活の知恵を話し合います。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
978-4-904380-18-5 C0093
2013年2月1日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.20
平成18年に第1号を刊行以来、今回で20号を迎えることができました。これを機に、表紙や構成をリニューアルいたしました。
新連載「これからの精神科病院」では、長期にわたって精神科病院に入院している方、入院を経験し地域で生活している方、また、精神科医の三者の視点から、希望を持ちながら生活していくためにできることを考えます。
精神障がい者を実際雇用している現場から、雇用主の思いを伝えていくシリーズもスタート。第一回は、東京世田谷区にある藍工房グループです。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-26-0 C0093
2013年6月10日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.21
「これからの精神科病院」では、工藤潤一郎精神科医が、自らの病院勤務を振り返りながら、現在、精神科病院で問題となっている長期入院について語ります。
また、当事者発信のリカバリープログラムとして注目されているWRAP(ラップ)をご紹介します。WRAPとは日本語で「元気回復行動プラン」と訳され、当事者による当事者のための活動です。ファシリテーターの方にお話をうかがいます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-27-7 C0093
2013年10月10日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.22
統合失調症、広汎性発達障害(アスペルガー症候群)のある方が、心の病気になって途方に暮れたとき、いかに生き抜いたかを、将来への希望とともに語ります。
「これからの精神科病院」では、昭和末期から現在にいたるまで時代の流れと共に変化する精神科病院を見つめてきた精神科医にとともに、課題と自分たちができることを考えます。
座談会では、統合失調症になって苦しかった状況から立ち直った転回点を語り合います。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体762円+税)
ISBN 978-4-904380-28-4 C0093
2014年2月10日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.23
特集では、統合失調症の経験を活かして、支援の現場でピアスタッフとして活躍する方々のお話をうかがいます。
また、地域での居場所がないために7万人の患者が入院を余儀なくされている日本の現状を鑑み、地域での他業種のネットワークを通したこれからの精神医療を精神科医の工藤潤一郎氏が語ります。
座談会では、全国七千社以上の企業を視察した坂本光司教授がラグーナ出版を訪問し、精神障害を抱えながら働くメンバーと「なぜ私たちは働くのか」を語り合い、働く意欲の根源にあるものを探っていきます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-31-4 C0093
2014年6月20日発行

購入ページへ

 

 

シナプスの笑い vol.24
座談会では、統合失調症急性期の恐怖からいかに脱出したか、そして回復期における芸術の役割は何かについて、精神科医で劇作家の胡桃澤伸氏を迎えて語り合います。
特集では、病の嵐のあとで心の平和を得るに至った道のりと、てんかんを抱えながら力強く前を向いて生きるための発作の対処法をテーマにお話をうかがいます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-32-1 C0093
2014年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.25
精神疾患の当事者や関係者に直接話をうかがい、現代の五大疾患の一つとなった「心の病」を身近に感じてもらえれば…そんな思いからラジオ番組のシリーズ制作を企画しました。「シナプスの笑い・ラジオ版」の連載が今号からスタートします。
特集「これからの精神科病院」では、「病院から地域へ」という厚生労働省の精神医療政策のもとで取り残される患者さんも多い中、工藤潤一郎先生のクリニック開設にいたる思いを聞き、精神科医療について地域から考えます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-37-6 C0093
2015年2月20日発行

購入ページへ

 

 

シナプスの笑い vol.26
統合失調症の経過研究をはじめ患者への繊細な配慮を視座に据えた研究で精神医学会の第一線で活躍され、医療者・患者への示唆に富む中井久夫氏の著書を患者の視点から読み解いてゆく企画が今号から始まります。
特集では、精神障害者家族会の方にお話を伺い、精神障がい体験者を子にもつ親の思いを語ってもらいました。

A5判(148×210ミリ)
136頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-42-0 C0093
2015年6月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.27
26号に続き、統合失調症の経過研究をはじめとして、本邦精神医療界の第一人者として知られる中井久夫氏の言葉を、患者の視点から丁寧に読み解いてゆきます。
シナプスの笑い・ラジオ版では、ベストセラー『日本でいちばんたいせつにしたい会社』の坂本光司・法政大学大学院教授をゲストに迎え、雇用の現場から、障害者の働く意味について考えます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-44-4 C0093
2015年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.28
シナプスの笑いは皆様に支えられて創刊から10年を迎えることができました。
中井久夫氏のテキストを患者が読み、自らの体験をもとに考える連載は第3回に入り、その当事者たちと、『泣いて笑ってまた泣いた』の著者である倉科透恵さんとの対談も収録。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-48-2 C0093
2016年2月20日発行

購入ページへ

 

 

シナプスの笑い vol.29
シナプスの笑いが精神科病院から生まれて10年。
今後も病院、地域で暮らす患者の表現する場となり、自らの営為を問い直しながら、小さくとも確かな希望を伝え続けていきます。
今号のシナプスの笑い・ラジオ版は沖縄から。他に、デイケアでバンド活動を行うメンバーの体験発表や、避けては通れない「人との距離の取り方」をテーマにした座談会を掲載。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-51-2 C0093
2016年6月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.30
精神科病院から生まれたシナプスの笑いは、多くの人に支えられ、おかげさまで30号を迎えることができました。
病院や地域で暮らす患者の言葉を通して、これからも精神疾患の〈現在〉 を伝えていきます。
シナプスの笑い・ラジオ版の最終回は北海道の就労支援事業所の話をうかがいました。
人との距離の取り方について考える座談会は、最も身近な家族との関係を語り合います。
巻頭では精神疾患を抱える人の休み方調査を特集。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-57-4 C0093
2016年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.31
精神科病院から生まれたシナプスの笑いは、皆さまのご理解とご支援のもと、創刊から31号を迎えました。
今回から始まる新企画「地域にひろがる精神医療と保健福祉」では、新聞記者が取材した精神科医療の現状報告と統合失調症を発症した当事者の体験記を掲載。
精神障がい者の就労に目を向けた特集では、ハローワークや就労支援事業所を取材してお話をうかがいました。
座談会では、ストレス社会の現代で増え続ける「うつ」症状の当事者が、お互いの体験と対処法などを語り合います。
中井久夫の言葉を患者が読み解く連載は、精神健康のいしずえとなる睡眠がテーマです。 そのほか、新連載「漢字の語源から精神文化を語る」では、福祉の「祉」について解説

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-59-8 C0093
2017年2月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.32
「地域へひろがる精神医療と保健福祉」では、精神障害者の地域生活化を推進してきたイタリア訪問記と現地でのインタビューを今号・次号にわたり特集します。
また、最近耳にする機会が多くなった「WRAP」(元気回復行動プラン)についてその魅力を紹介します。
座談会では、沖縄から来訪された横田泉先生をはじめとする精神医療チームと、ラグーナ出版で働く統合失調症患者たちが交流します。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-61-1 C0093
2017年6月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.33
巻頭特集では、精神障がい者が生きやすい社会へ向けたメディアの果たす役割について、テレビ局・新聞社・ラジオ局に取材しました。「地域へひろがる精神医療と保健福祉」は、イタリア訪問記の中編です。精神保健において大きな役割を担うUFE(当事者とその家族)の活動を紹介します。
座談会では、フランスの制度精神療法を日本に紹介した三脇康生氏を招き、疎外の乗り越え方を考えます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-66-6 C0093
2017年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.34
特集では、社会から見えないまま長期化・高齢化の進む「ひきこもり」をテーマに、脱出への手掛かりを考えます。イタリア地域精神医療連載の後編は、ウッフェのイタリア全国大会への参加レポートです。 座談会では、友人が調子を崩しそうなときのより良い対応の仕方について語り合います。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-72-7 C0093
2018年2月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.35
「A型事業所に未来はあるか」をテーマに、逆風にさらされつつあるA型就労継続支援事業所の経営者二人と利用者が語り合い、多様性を認め合う豊かな社会におけるA型事業所の必要性と今後のあり方を考えます。 巻頭特集では、最近注目されているピアサポート専門員にフォーカス。精神疾患経験者が患者の回復を支援する職業について紹介し、実際に医療現場で活動している専門員の方に、仕事内容などをインタビューしました。 座談会では、誰にでも訪れる死、そのときまでにやっておきたいことについて話し合います。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-76-5 C0093
2018年6月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.36
巻頭特集では、当事者研究が世に広まるきっかけとなり、社会的にも注目された「べてるの家」の向谷地生良氏をゲストに迎えて開催された鹿児島での当事者研究会の模様を紹介します。次いで『精神障害とともに』が南日本新聞に連載されていたときの専従取材班の記者・三宅太郎氏へのインタビューを掲載。
座談会では、オリブ山病院の横田泉副院長や工藤メンタルクリニックの工藤潤一郎医師らと「考える患者たち」が、身体拘束、閉鎖病棟、幻聴とのつきあいかた等をテーマに語り合いました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-79-6 C0093
2018年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.37
巻頭特集では、公立の精神科病院をなくし、地域中心型精神医療サービスを確立したイタリアのボローニャ精神保健局前局長の精神科医を迎えて開催された会の模様をお伝えします。
座談会では『シナプスの笑い』の投稿者をゲストに迎えて「病気になって得たもの、失ったもの」をテーマに当事者同士語り合います。中井久夫を患者の視点から読み解く企画では、「働くということ」について考えます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価 (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-81-9 C0093
2019年2月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.38
巻頭特集では、デンマークの精神科・認知症専門医師ハンス・カルオップ氏による特別講演を掲載。なぜデンマークは「国民の幸福度ランキング世界第一位」なのか?日本をより住みやすい国にするために私たちができることについて再考します。座談会では「ラポール(信頼関係)の大切さ」について、岡山からのゲスト二名を迎えて語り合いました。 また、特別企画として二十年以上の長期入院から退院の夢を叶えた女性についてのドキュメンタリー番組を制作したディレクターとその女性を迎えて病院から地域へのこれからの精神医療についてお話を聞きました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体741円+税)
ISBN 978-4-904380-84-0 C0093
2019年6月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.39
巻頭特集では、共同生活援助(グループホーム)の今をとりあげる。「グループホーム」についてのQ&Aの解説のほか、実際グループホームではどんな暮らしがあるのか、医療法人運営タイプ、民間タイプの二カ所のグループホームを取材。その詳細を紹介します。 また、特集記事として障がいのある方々が日頃培った職業技能を互いに競い合うアビリンピック鹿児島大会の取材を行い、競技の種類や参加資格の解説と、大会の様子を伝えます。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN 978-4-904380-86-4 C0093
2019年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.40
巻頭特集では、 精神科訪問看護の現在をとりあげる。利用者のインタビューを交え、鹿児島市にある二カ所の訪問看護ステーションを紹介します。 また、座談会ではネット依存についての前編。スマホの普及により劇的に増えたネット依存の問題について、SNSやゲームなどとの距離の取り方などを様々なメンバーで語り合いました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN 978-4-904380-89-5 C0093
2020年2月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.41
巻頭特集では、 精神科病院の売店をとりあげました。精神科病院の売店に取材協力いただき、病院や患者の売店に対する思い、売店の意義などを紹介します。 また、座談会ではネット依存についての後編。メリット、デメリットの両面を踏まえた上での、ネット、スマホとの程よいつきあい方を考えました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN 978-4-904380-94-9 C0093
2020年6月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.42
巻頭特集では、34号(2018年2月)でも特集した、「ひきこもりからの脱出」第2弾。今回は、ひきこもり支援の窓口となる事業所や組織を取材。また、貴重な当事者体験談も紹介し、脱出のきっかけを探りました。座談会では「安定期を長続きさせるには」をテーマに不安な時のブレーキのかけ方のコツや、不安定期の対処法などについて語り合いました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN 978-4-904380-98-7 C0093
2020年10月20日発行

購入ページへ

 

シナプスの笑い vol.43
巻頭特集は、精神科医という人
「精神科医」とは、どんな人? 今回は臨床経験が豊富な熟練の精神科医三名に取材。
高宜良氏、近藤廉治氏、横田泉氏、その治療思想や本音に迫りました。
座談会では「クローズで働くこと」をテーマに『ぼーっとすると、よく見える―統合失調症クローズの生き方』(ラグーナ出版、2020 年)の 著者あべ・レギーネさんをゲストに迎え、本に込めた想いやクローズで働くことについて語り合いました。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN978-4-910372-04-4 C0093
2021年2月20日刊行発行

購入ページへ

 

 

 

シナプスの笑い vol.44
巻頭特集は、「ひとりひとりがつながる生き方」少子高齢化、コロナ禍……と、ライフスタイルが大きく変わってきた現代。
精神障がい者の“孤独感”に関するアンケートを基に、「おひとりさま」のより良い生き方を探る。その一つとして、ゆるやかなつながりをつくる、日本初のおひとりさまメディア「ひとりとひとり」の活動を紹介する。
連載特集、地域へひろがる精神医療と保健福祉では、鹿児島市で15年前から地道な活動を続ける「兄弟姉妹の会」を取材し、その思いに迫る。最近、国会やメディアでも取り上げられる「ヤングケアラー」の存在。当事者だけでなく、その周りの家族や関係者の思いにも目を向け、それぞれが自分らしく生きられるよう、ともに歩むための可能性を探る。

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN978-4-910372-08-2 C0093
2021年6月20日刊行発行

購入ページへ

 

TOPにもどる

TOP