シナプスの笑い vol.41

A5判(148×210ミリ)
128頁
定価  (本体727円+税)
ISBN 978-4-904380-94-9 C0093
2020年6月20日発行

「シナプスの笑い vol.41」
定価  (本体727円+税)
送料、お支払手数料
無  料  (郵便振替)!

カートに入れる

年間定期購読はこちら

シナプスの笑い vol.41

巻頭特集では、地域へひろがる精神医療と保健福祉 精神科病院の売店を掲載。鹿児島市の精神科病院の売店に取材協力いただき、病院や患者の売店に対する思い、売店の意義などを紹介する。また、売店の意義を深く理解する医師、沖縄オリブ山病院の横田泉先生と、神奈川の工藤メンタルクリニック院長、工藤潤一郎先生にその思いを語ってもらった。
座談会ではネット依存について語り合った後編、メリット、デメリットの両面を踏まえた上での、ネット、スマホとの程よいつきあい方を考える。

内  容

特集:地域へひろがる精神医療と保健福祉 精神科病院の売店
鹿児島市の精神科病院の売店に取材協力いただき、病院や患者の売店に対する思い、売店の意義などを紹介する。また、売店の意義を深く理解する医師、沖縄オリブ山病院の横田泉先生と、神奈川の工藤メンタルクリニック院長、工藤潤一郎先生にその思いを語ってもらった。

座談会:ネット依存 後編
前号では二回シリーズの前編として、ネット、スマホが世界を席巻した経緯や、便利さの裏側に潜む問題について話し合った。後編では、メリット、デメリットの両面を踏まえた上での、ネット、スマホとの程よいつきあい方を考える。

連載:探究―統合失調症とはどんな病気か 第十六回
中井久夫を患者の視点から読み解く  徒然に感じること
今回は、精神の病いに影響を与えると思われる、中井の思想的な文例を二つ取り上げた。達成を認めることと、権力欲について患者が日頃の思いを語る。

連載:リシンク・メンタルイルネス Rethink Mental Illness の紹介 第六回
地域社会での援助
当事者が翻訳する新連載シリーズ六回目。イギリスの精神保健慈善団体「リシンク・メンタルイルネス」は精神疾患当事者とその家族の精神病との闘いを支えるだけでなく、患者の社会参加を積極的に支援してきました。

連載:第十回 世界の起源と終焉に ショットの世界
今回は新たに、起承転結が短い言葉で描かれたショットストーリーが加わったぞ。

連載小説 新連載 ケータイ記者ユーキ君 第四話
ケータイ記者山田ユーキは身の回りの出来事を記事にする。今回は目の不自由なおばあちゃんに道案内をした時の話など。

ぬいぐるみふぁーざー 第十六話
目が覚めたらぬいぐるみになっていた男、北川雅俊。雅俊の不倫疑惑の相手、美香子の夫・相田啓介の正体とは。

投稿作品解説

投稿 小説:「空くんとのんのん」
空くんからプロポーズされたモコちゃんはこのごろソワソワしています・・

投稿 エッセイ:喫茶「さくら・フレンド」のコーヒー
一カ月に一回の火曜日の午前中、作業療法の作業中にスタッフと訪ねる喫茶店・・・

目 次

特集・連載 地域へひろがる精神医療と保健福祉
 精神科病院の売店

連載 探究 統合失調症とはどんな病気か?  第十六回  中井久夫を患者の視点から読み解く   徒然に感じること

座談会 ネット依存 後編 

連載 リシンク・メンタルイルネス Rethink Mental Illness の紹介 第六回   地域社会での援助

連載 第十回 ショットの世界 竜人 

連載小説 ケータイ記者ユーキ君 第四話 こも/ぬいぐるみふぁーざー 第十六話 加川 椿 

 

投稿作品〈入院患者より〉
 空くんとのんのん/Drありがとうね!!/喫茶「さくら・フレンド」のコーヒー
 たくさん病棟をかわって/さみしい桜/俳句/イラストなど

投稿作品〈地域に暮らす患者より〉
 令和の初日の出/すしやのおじさん/素顔/初めての精神科病棟・回想録・1991
 再び働けるしあわせ/今が青春真っただ中/なれのはて/生まれ変わった私/裸の坊ちゃん
 トライラブ 他、詩・歌・イラストなど

連載 福祉事業所紹介 就労継続支援B型事業所 ちゃぶや咖喱堂 

連載 漢字の語源から精神文化を探る 「結」について 山本史也 

エッセイ 心のレポート ―編集部だより―  

相談室 お笑いお悩み相談室
兄が激太りをして、将来が心配です。どうすればいいでしょうか?   

当事者映画評『グレイテスト・ショーマン』 

当事者書評『「幸せにやせたい人」の心の教科書』

「シナプスの笑い vol.41」
定価  (本体727円+税)
送料、お支払手数料
無  料  (郵便振替)!

カートに入れる

年間定期購読はこちら

この本について