HOME刊行物ご購入 > シナプスの笑い Vol.24

今月号の総説

コーナー 作  品
特 集

連 載

座談会:恐怖からの脱出と芸術の役割
統合失調症の急性期において、支配的な情動は「恐怖」である。体験者たちは、いかに恐怖から抜け出し、「現実」へと生還したのか?また、回復期における芸術の役割とは?精神科医で劇作家の胡桃澤伸氏を迎え、統合失調症体験者が本音で語る。

特集1:心の平和について
心の平和ほど尊いものはない。
生死を分かつような病の嵐の後で、平和をつくりあげた心の航海を統合失調症体験者が綴る7つのエッセイ。

特集2:てんかん発作の対処法
てんかんを抱えながらも、力強く前を向いて、未来を切り拓いている著者が伝える発作の対処法。
対処がわかればもう怖くない!

Mind Mattersの紹介
オーストラリアの包括的学校精神保健プログラムを紹介するシリーズ第10弾。今回は摂食障害について解説する。

漫画:サバイバーズミッション 最終回
友子は数年ぶりに友達のゆみちゃんと喫茶店で再会する。引きこもりから友子は脱出できるのか・・・。

小説:白百合の君へ 最終回
自然豊かな島での平穏なくらしのなか、不思議な「声」に、守られ回復していく葵。母の死を乗り越え未来に向かって歩き出す。

心はここにある 第3話
入院生活で臨床心理士詩織に抱いたあこがれ。中年看護師が「心はここにある」と胸に両手を重ねて言われ、驚く主人公。心はどこにあるのか?

精神障碍体験者からの投稿作品解説

作品名:小説 羽虫地蔵
解説者:星礼菜(「シナプスの笑い」編集部所属)

知らないおじさんにもらった蛇の死骸。お地蔵さんの足下にうち捨てられたそれは数日がたち、その肉体を餌に息づく多くの命達。少女から大人へと成長する過程の苦悩を文学的に表現。

作品名:エッセイ 歳月
解説者:星礼菜(「シナプスの笑い」編集部所属)

自殺願望を抱きながら、なんとか生きながらえてきた著者。ままならない日常と、自身の六十数年の人生を嘆きつつ幸せとは何かを語る。

目 次

第Ⅰ部 特集・連載
座談会:恐怖からの脱出と芸術の役割 精神科医・劇作家くるみざわ しん氏を迎えて
特集1:心の平和について ラグーナ出版編集部より
特集2:てんかん発作の対処法
第5回:これからの精神科病院 -入院体験者が語る未来の形-
『Mind Matters』の紹介
漫画:「サバイバーズ・ミッション」 最終話
小説:「白百合の君へ」 最終話
小説:「心はここにある」第3話

第Ⅱ部 投稿
小説:羽虫地蔵
小説:壊れたシナリオ
小説:一筋の光
小説:オオコガネムシとコガネムシ
エッセイ:未来の希望の自分へ
エッセイ:カボチャ切り
体験記:歳月
他、詩歌、歌詞、短歌、俳句等掲載

編集部から
エッセイ:創作によって気分がほぐれるとき
書評:夜と霧 -ドイツ強制収容所の体験記録-

巻末資料
精神保健福祉センター一覧

シナプスの笑い第24号

A5判(148×210ミリ)
/ 128頁

定価(本体741円+税)

ISBN 978-4-904380-
32-1 C0093

2014年10月20日発行

数  量

送料、お支払手数料無料!


  紹介する この本について