HOME刊行物ご購入 > シナプスの笑い Vol.10

「シナプスの笑い10号」では、共同通信社記者を交えた座談会を収録しています。

今月号の総説

コーナー 作  品
特 集

「とっつきにくさ」
精神障がい者はとっつきにくい印象があるのではという意見がある。ひょっとすると、精神障がい者は自分を守るために自閉的になっている状態なのではないか。そこから一歩踏み出して回復するにはやはり周囲とコミニュケーションをどうはかっていくかが鍵となっている。そのためにはまず、自分の中にある病気に対する偏見を消していかなければならない。今回は小社編集部のメンバーに加え、共同通信社の記者※多比良孝司氏を迎えて精神障がい者の犯罪について話が発展。責任をどう負っていくのか、偏見を無くすにはどうすればよいか。壁を乗り越えるためにできることを考える。

「統合失調症を生きる」
竜人氏と東瀬戸サダエ氏に行ったインタビューを掲載。竜人氏は彼独自の精神病の世界が創作に繋がったと語る。東瀬戸さんは短歌を詠み、歳を重ねてもささやかな楽しみを見つけている。

連 載

「終着駅」
精神病院に入院をよぎなくされた主人公がなんとか退院しようともがく姿が描かれている。

「れんげを摘む日」
第六話は殺された者が、自殺して時空をさまよう主人公に身の上を語り、また去っていくお話。硬質な文体が想像力を刺激。

「やどかり姫」
第2話は、精神病院入院先でのとまどう体験が描かれている。

企 画

「体験者がいく!変だな…と思った時に」
鹿児島市精神保健福祉交流センター(はーと・ぱーく)をQ&A方式にて紹介。

「視線恐怖って何?」
第二章は高校から大学にかけての苦しかった体験が分かりやすくまとめられている。

「ノンフィクション精神科用語事典」
「空想」「空笑」「薬」「工夫」「訓練」「クリスマス」「くつろぐ」「くどい」「空白」「クローズ」「空間」「軍勢」を解説。

投 稿

「初めて統合失調症になった人に-私の体験から-」
精神病の母を持ち、苦学、自殺未遂など大変な思いをして生きてきた人生が語られる。

「弧竜の縁」
童話。お姫様のため竜と戦う少年。ファンタジーの世界が広がる。


※1 多比良孝司
共同通信社文化部の記者。北海道支社勤務の際、「べてるの家」を取材し、以後精神医療保健福祉に関心を持つ。平成二十一年、「こころの現場から」にて想田和弘監督映画『精神』の舞台となった「こらーる岡山」(四回シリーズ)、千葉の「ひだクリニック」(三回シリーズ)、ラグーナ出版(三回シリーズ)などを取材。記者の視点から、「精神障害を取り巻くシステム、人」を論じ、「こころの現在」を浮き彫りにしている。

精神障がい体験者からの作品解説

作品名:「神」「兵士」「地獄」「小鳥」「魂」「ロストメモリー」
解説者:竜人(同作品作者であり「シナプスの笑い」編集長)

幻聴を知ってしまえば、幻聴の無い世界なんてありえないのです。お酒やたばこをやめられないのと少し似ていると思います。昔の号ですが、あの時すでに幻聴の世界を知っていたのかもしれません。読み返してみると今では考えなくなったことをおもしろく書いています。終わりのない幻聴との戦いのひと時の平和がかいま見れる内容です。

目 次

第Ⅰ部 特集
座談会:「とっつきにくさ」について
ラグーナ出版のホームページ紹介
新春2大インタビュー (竜人)幻聴がなければ死んでいたでしょう/(東瀬戸サダエ) 一生に一度も病気にならない人はいないんです

第Ⅱ部 連載
小説:-彼を探す旅が始まる-「終着駅」(日向葵)/「れんげを摘む日」(中原初音)
詩:片思いの始まり(石橋勝) ショット 神/兵士/地獄/小鳥/魂/ロストメモリー(竜人)
漫画:やどかり姫(星礼菜)

第Ⅲ部 企画作品
視線恐怖って何?(四朗)
変だな…と思った時に 鹿児島市精神保健福祉交流センター編
禁パチへの文集(まっちゃん)(大ちゃん)
JDのつぶやき(JD)
ノンフィクション精神科事典[体験者版](竜人編)

第Ⅳ部 投稿
エッセイ:幸せへの近道(パスタマン)/体験(山中啓之)/手紙-現在、過去、これから…(T/N)/神様はサーフボードに乗って(KYOKO)/Step~Fineday~-統合失調症と私のかかわり-(青山恵美子)/生きるって難しいね(迫茂)
体験談:人には人の物語 初めて統合失調症になった人へ(K)/おけら(田中研一)/私の中のAとB(リナリア)
小説:「恋はバターしょう油味」(松はな子)
物語:孤竜の縁(海月しげる)
処方箋:病との付き合い方-病状と対策-(川添隆志)/健康十ヶ条(池ノ上弘) 短歌 (飯山覺) 俳句:(飯山覺)/(作道修)/(池ノ上弘)/藤島范
書:光もあたる分影も長い(松井浩二)
句会紹介:筑豊病院『デイケアセンター句会』よりご投稿いただきました!(筑豊病院)
詩:空花(HIDE)/北斗七星/代償(木場茂信)/室内で映画(松田香雄)/恋の花/不器用な僕/友情の一利/恋人が欲しい(ウナム)/感謝/前に進もう/勇気/栗(栗ちゃん)/できた(のんちゃん)/『アシード・ブルー』-記憶の一部-(雪時)

シナプスの笑い第10号

A5判(148×210ミリ)
/ 128頁

定価(本体762円+税)

ISBN 978-4-904380-
02-4 C0093

2010年1月31日刊行

数  量:

送料、お支払手数料無料!


  紹介する この本について