HOME刊行物ご購入 > アソシエーションとマネジメント
アソシエーションとマネジメント  - 経営学再考 -

内  容

3.11の震災以降、私たちは行き詰まった社会のなかで、資本、国家、企業中心史観に覆い尽くされた見方に異議を唱え、新たな「つながり」を模索している。
本書は、個人と集団と社会が織りなすアソシエーション様式の視点から、ルソー、マルクス、デューイ、フォレット、ハーバーマス、ドラッカーなど、広く社会思想家の文献を渉猟し、この「つながり」の歴史性を浮き彫りにする。
われわれの時代の連帯と実践を提起する新しい経営学原論。

著  者

馬頭 忠治

1952年大阪に生まれる。1981年立命館大学大学院経営学研究科中退。現在、鹿児島国際大学教授を勤める。専門は経営組織論、企業論、NPO・社会的企業論。
主な著書に『NPOと社会的企業の経営学―新たな公共デザインと社会的創造―』(編著、ミネルヴァ書房、2009年)、論文「新しい資本主義の現実と社会イノベーション」(『新しい資本主義と企業経営』に収録)日本経営学会編、千倉書房、2013年(予定)、ほか。

目  次

第1章  アソシエーションとは

第2章  社会と集団

第3章  アソシエーションと労働と指揮権の歴史的生成

第4章  アソシエーションとアメリカ・マネジメント

第5章  ニックリッシュの組織論

第6章  ボランタリー・アソシエーションの歴史とコーポレート・アメリカ

第7章  マネジメント思想と方法としての全体性論

第8章  経営原論としてのアソシエーション論

第9章 アソシエーション論再論-近代における集団の生成と転回-

第10章  E・デュルケムのアソシエーション論とP・F・ドラッカーの産業社会論

第11章  科学から連帯へ

ラジオは君を救ったか?

A5判(148×210ミリ)
/ 296頁

定価(本体3,000円+税)

ISBN 978-4-904380-
21-5 C3034

2013年3月18日発行

数  量:

送料、お支払手数料無料!


  紹介する この本について