HOME > 会社案内

代表挨拶

ラグーナラグーナとは?出版は、2006年、当時私が精神保健福祉士(PSW)として勤務していた鹿児島の精神病院の入院・外来患者、医師、看護師が集まり、文芸誌『シナプスの笑い』を刊行したのが活動の始まりでした。

『シナプスの笑い』は、精神障がい体験者による文芸作品・病気の体験記、病気への対処法を話し合う座談会、精神科医療に関する話題などが掲載された雑誌です。

この本は次第に多くの賛同者、読者、投稿作品が集まる雑誌へと成長し、当時はNPO法人での活動でしたが、それならば本格的な仕事としていこうと、2008年「株式会社ラグーナ出版」設立へとなりました。

弊社は精神病の早期発見早期治療につなげるべく、メンタルヘルスに関する図書の刊行から始まりましたが、病気が治ったから働くのではなく、働くことで回復をはかれる職場作りも使命であると考え、就労継続支援A型事業所として会社を設立し、精神障がいを抱える方々とともに、本作り、会社運営を行ってまいりました。

また、私は病院勤務、弊社代表を通じて、たくさんの精神障がいの方々と接してきましたが、働くこと以前に、社会や人に対する恐怖・不安のために外に出られない方、働く自信のない方が少なくなく、そんな方々が社会へ踏み出す勇気を得られる場所はないかという思いも強まってまいりました。

そこで2011年4月、精神障がい者のための自立訓練(生活訓練)事業所「サポートネットラグーナ」を新たに開設。

ここではまずは生活を楽しみ、その中で自分の適性や強みを見つけ、社会の中へ踏み出すきっかけとなってほしいと願っています。

精神障がいを抱えた方には、社会的な支援が他の障がいと比べてもまだまだ足りないうえ、いまだ障がいに対する偏見の存在などで決して暮らしやすい世の中とはいえない状況です。

私どもはそのような精神障がいを抱えた方々が、社会に温かく支えられ、少しでも暮らしやすく、ともに成長できる社会を作ることを使命とし、これからも様々な活動を推進してゆく所存です。

ご支援、ご協力いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社ラグーナ出版川畑善博

事業内容

出版事業
出版物の写真

メンタルヘルスに関する雑誌や書籍を中心に刊行しています。 心温まる本、精神保健福祉の進展に役立つ本作りを目指します。

製本工房事業
製本工房での制作物の写真

製本家の指導員を中心として、手作り本の制作、古書の修理などを行います。
その他、紙や布を用いた手作りグッズの制作なども行います。

印刷物制作事業
印刷物の写真

出版の経験と技能を活かし、病院関係の広報誌、パンフレット、名刺などの印刷物の制作も行っています。

小売事業
ギャラリーリブリの店内の写真

当社の刊行物、工房で制作された手作り本、グッズなどを、直営ショップ「ギャラリーリブリ」やホームページのオンラインショップにて販売しています。

就労継続支援A型事業
就労継続支援A型事業所で働いている様子

弊社では、本の企画・編集から営業、販売、事務処理まで、すべての業務に精神障がい体験者が加わり運営されています。

自立訓練(生活訓練)事業
自立訓練室内の写真

精神障がいのため、外に出ることが不安な方、働く自信をつけたい方などに、障害者自立支援法に基づき個別支援を行っています。

    

事業内容イメージ

沿    革

2006年 3月 精神病体験者、医師、PSW、看護師が集まり企画、編集された文芸誌 『シナプスの笑い』 創刊
  5月 同メンバーにより、NPO法人 「 精神をつなぐ・ラグーナ 」 を設立
  6月 講演会 「 心の平和 」 、ワークショップ 「 心の育て方 」 開催
  7月 『シナプスの笑い』 第2号 刊行
2007年 4月 就労継続支援A型事業所 株式会社ア・ライズ のもとで出版活動を開始
2008年 2月 鹿児島市紫原に 「 株式会社ラグーナ出版 」 を設立
2009年 3月 鹿児島市中央町に移転
  6月 手作り製本を中心とした制作事業を開始
  11月 単行本 『 風の歌を聴きながら 』 (東瀬戸サダエ:著) 刊行
    共同通信社配信 『 心の現場から 』 で小社の活動が取り上げられる
2010年 2月 手製本 『 世界はなにかであふれてる 』 (竜人:著) 刊行
  3月 鹿児島市中央町にラグーナ制作部工房を併設
2011年 2月 鹿児島市中央町キャンセビルに、本社・制作部ともに合併移転
  4月 『 字の記憶 』 (山本史也:著) 刊行
    『学童交差点』 (尾崎福生:著) 刊行
    自立訓練(生活訓練)事業所 「 サポートネットラグーナ 」 を開設
  7月 『消えた学院』 (米村秀司:著) 刊行
    『勇気をくれた言葉たち』 刊行
  12月 『日本でいちばん大切にしたい会社3』(坂本光司教授:著)で弊社が取り上げられる
2012年 1月 『古典に学ぶ経営の本質』 (赤岩茂:著)刊行
  4月 『日本一ハッピーな保育所をめざして』 (増田かおり:著) 刊行
  6月 『ラジオは君を救ったか?』(米村秀司:著)刊行
  8月 『働くことと回復』 (川畑善博:著)刊行
  9月 体験者の目線から病気を定義した『統合失調症体験事典』刊行
2013年 1月 『満州-最後の奉天、望郷と鎮魂』(天羽浩一:著) 刊行
    『社会的排除と人間の尊厳』 (天羽浩一:著) 刊行
  3月 『アソシエーションとマネジメント-経営学再考-』 (馬頭忠治:著) 刊行
  5月 『まよなかのシャボンだま』 (さきはらひでき:著) 刊行
  7月 就労移行支援事業所 「 ジョブネットラグーナ 」 を開設
2014年 3月 『統合失調症から教わった14のこと』 (中山芳樹:著) 刊行
  5月 『幸せな職場のつくり方』 (坂本光司、坂本光司研究室:著) 刊行
2015年 5月 『岐路に立つラジオ』 (米村秀司:著) 刊行
  7月 「 ジョブネットラグーナ 」 を 「 サポートネットラグーナ 」 に併合、一本化
  10月 『泣いて笑ってまた泣いた』 (倉科透恵:著) 刊行
  11月 『統合失調症をたどる』 (中井久夫と考える患者シリーズ1) 刊行
  12月 業務拡大に伴い、鹿児島市西千石町イースト朝日ビルに移転

理念、基本方針

理    念

精神医療福祉の経験と出版の技能を生かして、地域に、愛され役立つ会社作りを目指します。

基本方針

  1. 心身の健康を第一とした職場作りを目指します
  2. 未知のものへの創造的な挑戦を行い、新たな仕事の創出と雇用の拡大を目指します
  3. 精神病の体験を分かち合い、対処法を語り合い、体験を有用な知に変えて、社会に貢献する活動を目指します
  4. 精神保健医療福祉の歴史的な経験の吟味とともに、医療が受けやすい環境作りを目指します
  5. 従来の価値観にとらわれず、心の多様性を表現する図書の出版を目指します
  6. 子どものメンタルヘルスに取り組み、精神病の早期発見・早期治療実現を目指します

会社概要

社    名 株式会社  ラグーナ出版
代表者

代表取締役  会長  森越 まや
代表取締役  社長  川畑 善博

所在地

〒892-0847 鹿児島県鹿児島市西千石町3番26イースト朝日ビル3F
(全事業所共通)

連絡先

【ラグーナ出版】
TEL : 099-219-9750    FAX : 099-219-9701
Mail : info@lagunapublishing.co.jp

【サポートネットラグーナ】
TEL : 099-219-9722    FAX : 099-219-9701
Mail : support@lagunapublishing.co.jp

設    立 2008年  5月
資本金 1000万円
スタッフ数
(H27年、7月現在)

出版、就労継続支援A型事業  7名
自立訓練(生活訓練)事業  3名

利用者数
(H27年、7月現在)
就労継続支援A型事業  30名    (1日定員20名以下)

顧    問
(50音順:敬称略)

見出しマーク坂本 光司
  法政大学大学院 政策創造研究科教授
  同経営大学院(MBAコース)兼担教授
  及び法政大学大学院 静岡サテライトキャンパス長

見出しマーク水野 雅文
  東邦大学医学部精神神経医学  教授

見出しマーク米村 秀司
  鹿児島シティエフエム株式会社  代表取締役 社長

加盟団体、学会

見出しマーク鹿児島商工会議所

見出しマーク鹿児島県中小企業家同友会

見出しマーク人を大切にする経営学会
 (森越まや:理事、川畑善博:発起人) 

アクセス

ラグーナ出版、サポートネットラグーナは、鹿児島市電加治屋町電停から徒歩5分のイースト朝日ビル3階となります。

見出しマーク公共の交通機関をご利用の場合

J  R:鹿児島中央駅で下車、徒歩10分
市電:加治屋町電停で下車、徒歩5分
バス:中央駅東口バス停で下車、徒歩10分

見出しマークお車でお越しの場合

近隣の駐車場をご利用下さい。

アクセスマップ


大きな地図で見る