HOME > 会社案内 > ラグーナとは
ラグーナとは

ラグーナとはイタリア語で干潟のことで、満ち潮では海面下に沈み、引き潮では陸地となる場所です。

かつては不毛の地であるとして干拓や埋め立てが行なわれましたが、実は多様な生物が共存し、潮の流れと生息する生物たちによって海水の浄化も営まれていることも分かってきました。

一見、不毛と思われる場所にこそ、こころの問題を解く鍵が隠されているのではないでしょうか。

イタリア、ベネチアの「ラグーナ」には、ヴェネツィアングラスで有名な「ムラーノ島」、レース編産業の地「ブラーノ島」、映画『ベニスに死す』で有名な「リード島」、墓地となっている「サン・ミケーレ島」などの個性的な島々が浮かんでいます。

昔、これらの島々はつながっていました。つながりと個別性の両面を失わず、これまで不毛と思われてきた場所を照射する姿勢を持ち続けたい、という願いから「ラグーナ出版」と名づけました。


干潟(ラグーナ)

フランス写真壁紙様より画像を提供いただきました